看護師が働く業界として医療と介護があり、どちらでも人材不足が続いているとされています。
転職をする際にはまとめて考えて、その中から望む仕事内容や待遇を求めていくというのが一般的でしょう。
しかし、正確な情報を集めるためには業界別に考えることが大切です。

どちらも看護師が活躍できる業界ではあるものの、実際に働いている人の構成には違いがあります。
医師や薬剤師などの医療従事者は資格が必要ですが、介護の場合には無資格でも働けるため人材不足の動向は大きな変化を起こしやすいのが実情です。

しかし、高齢化にともなって介護施設は施設の設置が進んでいるのに対し、医療では医療費の削減の目標が掲げられていることもあってあまり新規の設置は進んでいません。
医療も介護も需要は増加していますが、経済状態の変化によって介護は自宅で行おうという流れが生じる可能性もあります。

また、関連する保険制度の改正が業界に与える影響はそれぞれ異なり、それに応じて転職のしやすさが影響されているのも事実です。
看護師の働く業界としてひとまとめにしてしまわずに業界別に情報収集をした方が良いのは、このように各所で違いがあるからであり、正確に現状を理解することが転職の成功につながるからに他なりません。

働くことを希望する業界があるならそちらだけに目を向けるようにし、どちらか悩んでいるなら業界別に情報を集めて比較することから活動を開始すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です